家庭との両立も可能だから充実した毎日を過ごせています!

  • 望結ちゃんの先生
  • 家庭との両立も可能!
  • 近日公開予定
  • 近日公開予定
栗東教室 藤原先生
教室開校9年目

家庭を大切にしながら、充実したお仕事ができて幸せです。

わが子を幼児から小学生まで七田式で育てた経験をもつ藤原先生。

「家族ってなんだろう?」
「女性としての生き方ってなんだろう?」
「人生ってなんだろう?」
「そもそも“命”ってなんだろう?」

レッスンをしているうちに、人間の存在そのものに対する疑問や、哲学的な問いかけが、自然に自分の中に浮かびあがってきました。
レッスンは自分の生き方を見つめることにつながっています。

先生インタビュー

さまざまな幼児教室がある中で、七田の教室を選んだ理由を教えてください。

親子で「右脳パワー」を生かす取り組みを楽しく続けてきました。
結果として、わが子は心が優しく穏やかで、かつ凜とした強さを持った感性の鋭い子に育ちました。
記憶が早く、応用もきき、苦もなく学校の教育に取り組んでいます。さまざまな用具を活用した3D学習による右脳教育の効果を小学4年生頃に強く実感しました。
学習面も順調で、将来の志も持っている、というのが七田式教育のすごさです。七田式教育をもっと世間に広めたいという思いが次第に大きくなり、「七田式教育を広めるのが使命なのでは?」という夫の言葉によって七田教室を開校する決心をしました。

教室の開校や運営にあたり大変なことはありましたか?

教室開校までに、すでに七田式教育を学び、また、七田教室にも14年の通室歴がありましたので、レッスンや資格取得などに関する大変なことはありませんでした。
しかし、教室の場所をどこにするのか、規模はどのくらいにするのか、看板は?広告は?といったハード面や生徒募集については慣れないことが多かったので、少々骨が折れました。
教材をたくさん準備しないといけなかったのですが、テナント契約がぎりぎりだったため、自宅で準備をおこないました。家のリビングに本格的なコピー機を置いて、家族で教材を毎晩作っていたのが懐かしいですね。本社の先生がわが家にお手伝いに来てくださって、とても心強かったのを思い出します。
こうした経緯があって、はじめての教室は大通りに大きなテナントビルを一棟丸ごと借りて始めました。しかし残念ながらテナント側のご都合により、急に退出しなければならなくなりました。そこで、あらたなテナントを借りました。
台風の中、引っ越しのお手伝いをしていただくなど、七田の本社の方の一生懸命なご協力があり、なんとか生徒離れもなく運営をすすめることができました。
その後、夫とも相談して、思い切って教室を建てることにしました。七田の中で教室を建てるケースは少ないと聞いていましたが、毎月のテナント料の面を考えると建ててよかったと思いますし、レッスンに対する自分の意欲がますます真摯なものに変わっていくのを感じました。

家庭との両立をするにあたり工夫していることや七田の教室の運営にメリットはありますか?

「ワークライフバランス」については特に気を配っています。
教室では教室長ですが、家に戻れば主婦、母、妻としての仕事があります。レッスンと家庭のメリハリをつけていくのがうまくバランスを保つコツです。
自分と家族の健康管理に気を配っています。
教室長が率先して家庭を大事にすることでスタッフも同様に家庭を大事にしやすくなります。

ココが特徴

家庭との両立がしやすいのが七田教室の特徴です。
毎年、教室ごとにレッスンを組めるので、自身の家庭の状況に合わせてカリキュラムを組むことができるため、家庭も仕事も充実させた毎日を送ることができます。

不安や心配なことなどはありませんか?

生徒数が減少したときなどこのままずっと減り続けたらどうなるのだろう…など(笑)。
しかし、七田式教育は幅広く認められており、「七田式で育てたい」という声が多いことを思うと自信がわいてきます。
いちばんの不安の解消法は、先輩先生に相談することです。会合などでいろいろ話を聞くとみんな同じ悩みを持っているのだと安心します。七田の本社の方も参加されることもあるので、そのときに悩みごとを相談して最善をつくしてもらっています。

ココが特徴

土曜日に来られるお母さまは平日にお仕事と家庭を両立されている方がほとんどです。
誰にも相談できない悩みを持ちながら必死で子育てをされているお母さまの力になれていると思えばいっそう励みになります。

これから教室を開講する方へのメッセージ

当教室を開校してから5年の月日が経とうとしていますが、この間に、東日本大震災がありました。震災後、社会の役に立ちたいと考える方が非常に多くなったように感じます。
七田教室でも、「わが子を社会でお役に立てる人にしたい」「財産をお金で残すのではなく、教育という形で子どもに残したい」という思いで来られる保護者さまが多くなっています。
七田式教育はこれからの時代の流れにあっていると年々強く感じます。
七田教室開講は「未来」を育てる、という大変責任のある仕事ですが、アイデアや創意工夫を即生かせる仕事なので、とてもクリエイティブな毎日です。
私は七田教室を開校することができた、七田式教育にとても感謝しています。

先生の一週間

レッスン…火曜・木曜・土曜、家庭の日…月曜・水曜・日曜、予備日…金曜 ※予備日には、日によって保護者面談や体験レッスンなどが入ります。

レッスンがある一日の流れ

藤原先生の一日の流れ

  • 5:30 しっかり睡眠をとり起床:おいしいお弁当をつくって、子どもを駅まで送ります。
  • 7:30 テキパキと家事をこなす:30分で洗濯物を干し、お掃除もお手のもの。手際よくお化粧もします。
  • 8:00 身支度をすませて教室へ出勤!:余裕をみて早めに家を出るのが、通勤ラッシュをうまく乗り切るコツです。
  • 8:40 教室到着、一日の予定確認:メールやFAXのチェック、レッスンの準備をします。
    教室運営に関する諸手続きなどの書類はどのように作成したらいいですか?
    基本的には七田本社からフォーマットをいただけます。私は、使いやすいようにカスタマイズして利用しています。
  • 10:00 午前中のレッスン開始!:「おはようございます!」子どもたちの元気な声を聞くと、私たちも元気になります。
  • 12:30 昼食、休憩タイムでリラックス:お昼ご飯は毎日お弁当を持ってきています。ご飯を食べて気分転換し、事務や雑務を合間に終わらせてしまいます。
    お昼休みの間に自宅へ帰ることはできますか?
    レッスンの時間割は教室ごとに組むことができます。
  • 15:00 午後のレッスン開始!:右脳がよく働くにはリラックスがとても大切です。昼食のあとの緊張がほぐれた時間で、さらに才能が開花されそうな予感!あてっこ遊び、フラッシュカード、子どもたちの集中力と成長に毎回驚きです。親子一緒に楽しくレッスンを終え、今日も大満足していただけました。「先生だいすき!」の言葉は最高のご褒美。
  • 18:00 充実した時間の残像を楽しみながら、片づけ開始:元気な子どもたちの声や姿の余韻に浸りながら、教室の片づけをします。
  • 19:00 教室の戸締りをして帰路へ:いつもだいたい同じ時間に教室を出ます。レッスンはしっかり生活の一部になっています。
  • 19:30 家族のいる家へ帰宅:「おかえりなさい!」わが子たちの明るい笑顔に迎えられ、家庭の温かみに心が癒されます。
  • 20:00 夕飯、自由な時間:レッスンを終えた満足感と、夕食後の満腹感で幸せを感じます。家事をテキパキとこなしてから、夕食後の自分の時間をゆっくりと楽しみます。
  • 23:00 就寝、明日のために:気が付くと一日の終わりの時間です。多忙な部分もありますが、充実した一日を過ごし、今日も満たされました。次の日も有意義に過ごせることを夢見て、ぐっすりと眠りにつきます。

教室の風景


  • 森の中のコテージをイメージした教室は、まだまだ、新築の木の香りがします。

  • 日当たりのいい事務所は、自宅と同じくらい居心地のいい場所です。

  • たくさんの絵本が右脳を活性化させています。

  • しっかりと研修を受けた講師が3名います。

  • アロマランプや生花でお母さま方の心を癒します。

  • エントランス

  • りすさんの部屋

  • うさぎさんの部屋

まずは、お気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ・資料請求
  • 講師登録フォーム
  • 0歳からの幼児教室。体験レッスン実施中!詳しくはこちら

教室開設可能エリア

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北陸・甲信越
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 七田チャイルドアカデミー公式サイト
  • 英語コースサイト
  • 生徒用サイト「夢っこclub」
  • 目の学校 正しく見る技術を学ぶことが、健やかな発達につながります

このページのトップへ戻る